無性に | 桜の雨、いつか
日々のことを徒然並べていきます。

生まれては消える泡のような日常を、

記憶に残すための、日記のようなブログです。


ブログタイトルは、私の好きな松たかこさんの曲名から。
PLAYTABLEランキングPLAYTABLE
SHOP PLAYTABLEMovie PLAYTABLE

Material:shape Template: Favorite

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010.06.27 Sunday - -
無性に

050912_1335~01.JPG
昔の写真を見ていたら、無性に松本へ行きたくなった。

なんだかんだ言って、色々貴重な体験をしたし、私の人間形成の大部分が構築された場所なのだと思う。


春は松本城の桜や大学周辺の桜を楽しむ。

夏は美ヶ原の、今にも雲が掴めそうなほど近い高原を歩き、夜には峠をドライブしながらいくつもの流れる星を数える。

秋には山の美味しい味覚に舌堤。山々の鮮やかな紅葉に目を奪われる。

冬にはキンと張り詰めた、凍みる冷たさを肌に感じる。空気の澄んだ冬の夜空は、吸い込まれそうなほどの闇と満天の星。



また、たくさん感じたい衝動にかられる。

松本は自然がいっぱいで、感受性を豊かにしてくれる。

カフェもバーもアートも美しい夜景も充実で、昼も夜も堪能できる。

こじんまりとした街が、非常に親しみやすく歩きやすい。



また、夜の山麓線ドライブとかビーナスラインとか諏訪湖ドライブとか、したいな。

アルプス公園あたりの展望台から、夜景見たいな。諏訪湖の上からも、姨捨PAからも。




今年も動きやすくなったら、松本へ行こう。
また、色んな事、感じて吸収してこよう。

2010.03.25 Thursday 00:07 うたかた comments(0)
スポンサーサイト


2010.06.27 Sunday - -
Comment